オーケンウォーター

オーケンウォーターの良い口コミ・評判・メリット

オーケンウォーターについては「お水が美味しい」という口コミが多く見られます。
オーケンウォーターでは美味しい銘水をいつでも楽しめることに加えて、届けられる未開封時のお水は賞味期限が6ヶ月となっているので、万が一の災害時に飲水の確保として利用するメリットがあります。
またオーケンウォーターはサーバーの種類の豊富さが挙げられ、自宅によって必要となるサイズ・寸法の物を選んだり、おしゃれな部屋にぴったりなスタイリッシュなデザインのものや、高級感溢れるステンレス素材のもの、そしてボトル設置が非常に楽な足元ボトル交換に対応しているサーバーまで幅広い特徴があることです。サーバーによってはカラーバリエーションも豊富なので、自分の家にピッタリのデザインや機能性、サイズのサーバーを選択することができることがメリットの一つといえます。
特にお水の設置場所が下にある足元ボトル交換に対応しているサーバーは、女性やシニアの方でも片手でボトルセットを行うことができるので、幅広い家で活用することができる点が注目されています。そしてこの足元ボトル交換が行えるタイプは、省エネ機能や自動クリーニングシステム、チャイルドロック機能など必要不可欠な機能がしっかり搭載されていることも、オーケンウォーターの人気に繋がっています。

オーケンウォーターの悪い口コミ・評判・デメリット

数多くのメリットがあるオーケンウォーターですが、デメリットとしては利用者の中には水が余ってしまう場合があるようです。オーケンウォーターのお水は毎月定期的に自宅に届く定期購入スタイルによる注文方法です。そのためお水を使い切っていない場合、毎月定期的に新しいお水が届いてしまう状態になるためお水が余ってしまう場合もあるのでそういった状態にならないためにも定期配送の一時中断が必要となります。
デメリットは他にも電話サポートの時間が月曜日から土曜日の9:00~18:00のみとなっているので、日曜・祝日はサポートを受けることが出来ません。数ある宅配水サービスの中には土日祝も電話サポートに対応してくれる場所も少なくないため、突然のトラブルですぐに相談窓口に連絡をしたいという方にとっては、電話サポート体制に不安を感じてしまう恐れがあります。

オーケンウォーターのお水

オーケンウォーターは美容と健康に良いと評判の天然水であり、天然水を一種類だけではなく3種類も用意している特徴を持っています。オーケンウォーターが用意している3種類のお水は、それぞれ成分や口当たり、味に違いがあって購入する人が自分の好みの物を選択することが可能です。
3種類のお水はそれぞれ大分天領と京都丹波、富士山の銘水となっており、どの種類もミネラル成分が豊富に含まれており生まれたばかりの小さな赤ちゃんでも安心して飲ませることが可能な安全性です。このお水に含まれる豊富なミネラルは、美容と健康どちらにも良いことが医学的にも証明されているほどです。
オーケンウォーターでは必要なのはお水の料金のみで、サーバーレンタル料は永久無料で利用することが出来ます。配送料は殆どの地域が無料で配送可能ですが、北海道だけは有料となってしまうので注意が必要です。北海道への送料は富士山の銘水が380円(税抜)で、京都丹波の銘水と大分天領の銘水は570円(税抜)となるため、北海道にお住まいの方でオーケンウォーターの契約を検討している場合は種類によって費用が異なります。

オーケンウォーターの種類・機種

「スクエアーサーバー」は、オーケンウォーターの中でも使いやすさNo.1のタイプで温水レバーと冷水レバーが独立していて使用しやすく、大きな給水口が魅力となっています。カラーもブルーとクリア、ピンクとイエロー、ブラックの5種類から選択が可能になっています。
「スタイリッシュサーバー」は、スタイリッシュな丸形デザインが魅力のタイプで、コンパクトでありながらも細身なので狭い空間でも設置することが可能です。蛇口が1つなので2つの蛇口よりも日常的なメンテナンスが楽に行えるという点が人気のタイプです。カラーはブラックとホワイトブルー、ホワイトとホワイトピンク、ピンクの5種類から選択可能です。
「プレミアムサーバー」は、高級感あるステンレス素材が魅力的なタイプで、蛇口のレバーは押しても手前に引いてもお水が出てくるレバーが採用されています。カラーはブルーとクリア、ピンクの3種類となります。「スマートサーバー」は人気No.1のタイプで、ボトル設置が簡単な上にコンパクトに設計されている特徴を持ちます。カラーはブラックとホワイト、ピンクとベージュ、グリーンの5種類です。

オーケンウォーターの料金

オーケンウォーターでは毎月12Lを2本自宅に届くシステムとなっており、4種類のお水の中から好きな銘水を選ぶことが出来ます。それぞれのお水にかかる月額料金は、採水地が静岡の「富士山の銘水」の場合12Lボトル2本で3,780円(税抜)となっています。採水地が京都の「京都丹波の銘水」は、12Lボトル2本で3,780円(税抜)です。採水地が大分の「大分天領」の12Lボトル2本は3,800円(税抜)で、採水地が静岡・京都の「プラスプレミアム」の場合12Lボトル2本で3,000円(税抜)という設定です。
オーケンウォーターはサーバーレンタルやメンテナンス料が月額料金に含まれていないことや、多くの地域が配送料無料で利用することが出来ます。ただし北海道へ配達エリアが拡大したことにより、北海道への天然水は追加送料として、410円(税込み)から利用することが可能です。注文するお水の種類と本数によって送料は変動するので、注文時に必ず確認をするようにしましょう。

オーケンウォーターの注文ノルマ

オーケンウォーター2を利用するときには、注文ノルマがあることを理解しておかなければなりません。このサービスを利用するのであれば、30日に1度注文しないといけないというノルマがあります。配達周期は7日、10日、15日、20日、1か月のいずれかに1度を選ぶことになり、30日に1回よりも少ない頻度のプランはないので要注意です。その都度依頼するような手間はかかりませんが、事前にいずれかの配送間隔を選択しておき、決まったタイミングで受け取ることになることを理解しておく必要があります。少なめで良い場合は毎月1回の定期配送を希望することができますが、最低でも月に1回は受け取らなければならないことを知った上で利用するようにしてください。

オーケンウォーターの電気代

ウォーターサーバーを利用するときには電気料金が気になる人が多いはずですが、オーケンウォーター2にはエコモードがあるので消費電力を抑えることができます。一般的な製品を利用すると1か月に1,000円前後の電気代が必要となりますが、オーケンウォーター2の場合はエコモードの使用で400円程度の料金で済むことを知っておくと良いです。設置環境や使用頻度によって実際の請求価格は左右されますが、いずれにしても業界最高水準の節電機能があるので光熱費を節約しやすいと言えます。製品そのものの稼働に費用が必要となりますが、電気ポットの利用やガスを使用した湯沸かしが不要になるため、こういった部分で光熱費が節約できることも知っておくと良いです。

オーケンウォーターの解約方法

オーケンウォーター2の解約方法はとても簡単です。公式ホームページのお問い合わせフォーム、もしくはフリーダイヤルから連絡すれば対応してもらうことができます。返却方法などの案内を行ってもらうことができるので、指示に従って手続きや準備を済ませれば解約することができるはずです。ただし、プランによって契約期間が違っており、場合によっては解約金が発生する可能性もあります。これの有無が気になる場合は申込内容と公式ホームページに書かれた解約金の項目を確認しておくと、電話中に焦ることなく解約手続きを進めることができるでしょう。適用したキャンペーンや選択プランで詳細は違うので、事前に確認しておくことが大切だと言えます。

オーケンウォーターのキャンペーン

オーケンウォーター2は様々なキャンペーンを実施しています。たとえば、新規契約者はキャッシュバック以外に、お米のプレゼントや初回の水が無料となったり、お手入れセットが無料でついたりする特典を受けられることが多いです。お試しキャンペーンでは、12Lのボトル1本をお試しで利用することができるので、まずは味や使い勝手を知りたいという人が利用できます。他にも、継続キャンペーンとして、シールを集めることで天然水が無料でプレゼントされるというような仕組みもあることを知っておくと良いです。色々なキャンペーンが行われているので、オーケンウォーター2はお得に利用することができるサービスであることを知っておきましょう。

おすすめの記事