フレシャス

フレシャス ウォーターサーバーの良い口コミ・評判・メリット

数多くあるウォーターサーバーの中には、フレシャスというブランド名の会社から利用できる機種があります。このウォーターには数々のメリットがあり、まずはサーバー本体の取り扱い機種数が非常に多く、1つの機種でも複数のカラーバリエーションから選べるタイプも提供しています。実際にグッドデザイン賞を受賞した経歴があり、どのようなお部屋に設置をしても洗練されたお洒落さを感じ取るデザインの機種が揃っています。定番のモデルも2種から選択でき、水の消費量に合わせてコンパクト型からでも選べます。他には美しいカーブを持たせたデザイン性の高い機種も多く、グレー、ブラック、ベージュ、ブルー、ローズ系など幻想的な淡いカラーリングの機種は人気です。フレシャスのウォーターサーバーのメリットの中には、サイズ・寸法もあげることができ、機種により違いはあるものの、人気機種では幅が290mm、奥行きが363mm、高さは1,125㎜など、設置場所には困らないスリムなボディもメリットです。機能性の中には、安全対策としてチャイルドロック機能も搭載しており、操作方法は機種により違いはありますが、いずれも小さなお子さんでは解除できない仕組みになるので安全に使えることも特徴です。

フレシャス ウォーターサーバーの悪い口コミ・評判・デメリット

目立ったデメリットはありませんが、水が入っているボトルに対しては約6か月間の消費期限となっており、この期間は未開封のボトルに適用する日数です。ボトルをセットした後は、出来るだけ早期に使い切ることが原則としいるので、一人暮らしで水の消費量が少ないという方にはデメリットに感じてしまう可能性はあります。消費しきれないデメリットでは、解決策というものがあり、ボトル容量の少ないコンパクト型を利用する方法と、卓上型の機種を選ぶことで問題は解消できます。他には慎重にウォーターサーバー選びをしないと、レンタル料に差額が出てしまうので各機種を比較検討しないと後からデメリットに感じることはあり得ます。現状としてはレンタル料が0円の機種から500円の機種1,000円を超える機種まであるので、公式サイトから確認することは重要です。

フレシャス ウォーターサーバーのお水

レンタルを希望される方は、お水選びも最初に決めておく必要性があります。後から変更することも可能ですが、フレシャスのウォーターサーバーで使えるお水は3種類から選べます。安心安全な天然水を利用しているのですが、富士山からの水を2種類用意している他、木曽の湧き水を利用したものが該当しています。富士にはフレシャスが運営する専用の工場があるので、正に産地直送としてお届けできる強みがあります。富士山の水の中にはバナジウムを含むお水もあり、味覚に敏感な方はほんのりと甘さを感じ取ることができる水質を満喫できます。お水の料金は機種による違いがあり、9.3リットルの大きなタイプは1本で約1,500円で提供しており、7.2リットルのタイプは1本で約1,200円程度で購入可能です。リッター当たりの単価では、約166円になることから決して高くは無いことは確認できます。配送料は全機種に適用させており、完全に無料での配送を可能にしているので、遠方からの利用者でもサービスの良さを感じ取れます。

フレシャス ウォーターサーバーの種類・機種

沢山の機種を用意しているフレシャスのウォーターサーバーには、ベーシックモデル、デザイナーズモデル、コラボタイプの分類から選べます。サイフォンプラスは通常サイズとショートサイズから選び出せ、それぞれ6種類のカラーリングが用意されているので、設置場所のインテリアに合わせて使用できます。スラットカフェは、コーヒーメーカーと一体化しているモデルになり、コーヒーに関しては市販品を使えるものなのでコーヒー好きの方には推奨できる機種です。デュオとデュオミニはデザイン性が高く素敵なカラーリングから選べるようにしており、人気モデル故にカラーバリエーションは新作も発表しているモデルです。ミニのタイプは水の量が3分の1のサイズになり、外観等は共通しています。スラットという機種は9.3リットルの大きなボトルを使用できる機種になり、ボトルは本体上部からではなく、足元に近い位置に装着させる仕組みなので力の弱い女性の方でも使い勝手が良いことは特徴です。

フレシャス ウォーターサーバーの料金

ウォーターサーバーを使う上では、通常は長期プランで利用をするものなので、料金プランは事前に十分に確認することは欠かせません。フレシャスの場合は、各機種に対して一定の条件を設けているものの、レンタル料は月に0円で利用できるモデルや、月に500円のモデル、900円や1,200円など非常に多彩です。購入ではなくレンタルで利用できることに関しては、機種を新品で購入すると本来であれば高額になりますが、敢えて月額制を採用していることで負担を感じない料金で利用できるように配慮しています。この月額レンタル料の他にも、当然ながらボトル料金も発生しますが、1本で1,100円台から利用できるモデルが多いので、水の負担額も低めです。ボトルに対しては定期便としてお届けできるプランがありますが、消費量が追い付かないという事例では、タイミングをずらすこともできるので、良心的な会社として愛用できます。更にレンタル品なので故障が起きてしまった際には、無料修理や交換を行っているので非常に安心です。

フレシャス ウォーターサーバーの注文ノルマ

フレシャスウォーターサーバーのお水は定期配送となっており、注文しなくても予め設定しておいた周期で送られてきます。配送周期は、毎週・2週間ごと・3週間ごと・4週間ごとまで自由に選ぶことができます。曜日指定や時間指定なども行っているので、都合に合わせて配送してもらえるのが特徴です。フレシャスウォーターサーバーでは、注文ノルマなどはありません。出かけていることが多くてお水をあまり使用しなかったとか、長期の旅行に出かけていてお水を全く使わないといった時もあると思います。そういった時には定期配送をスキップすることができるので、自分達家族のライフスタイルに合わせて利用することができます。お水の利用料が変わった場合なども、簡単に配送頻度を変えられます。

フレシャス ウォーターサーバーの電気代

フレシャスウォーターサーバーは、従来のウォーターサーバーに比べて電気料金が安いという特徴があります。その消費電力は従来品の3分の1程度しか発生しません。旧式のガロンボトル式のウォーターサーバーだと月々1,000程度かかるものもありました。それがフレシャスウォーターサーバーには最新のエコ機能が搭載されており、月々で大体330円程しかかかりません。電気代が安ければ、家庭でも手軽に利用することができます。また、エコモードという機能もあり、温水を少し低めの70℃に設定してくれます。エコモードは、温かい飲み物をあまり飲まない季節などに重宝します。タンクの構造も省エネルギー仕様になっており、自然にエコな暮らしができます。

フレシャス ウォーターサーバーの解約方法

ライフスタイルが変化するなどして、フレシャスウォーターサーバーをあまり使わなくなったという人もいると思います。そういった時には、フリーダイヤルで電話をしたりメールで連絡をすれば解約することができます。ウォーターサーバーの本体は返却しなければなりませんが、返却の仕方など解約方法について丁寧に説明してもらえます。
レンタルプランで契約した場合には、2年間の契約期間が設定されています。2年未満に解約する場合には、違約金を支払わなければなりません。その場合には解約金として1年未満だと15,000円、1年以上2年未満だと9,000円を支払う必要があります。また、定期配送を2か月連続してストップする場合には、休止手数料が発生します。”

フレシャス ウォーターサーバーのキャンペーン

フレシャスウォーターサーバーでは、期間限定でお得なキャンペーンを実施していることが多いです。例えば新規で申し込みをした人を対象に、天然水を1箱無料でプレゼントしてくれたり雑貨などのグッズがもらえたりします。
また、他社のウォーターサーバーを利用している方を対象とする乗り換えキャンペーン等を実施していることもあります。他社で支払わなければいけない解約金をキャッシュバックしてくれるキャンペーンです。
その他にも妊娠中の女性や小さいお子さんがいるご家庭を対象としたキャンペーンもあります。消化器官が未熟な赤ちゃんがいると飲み物にもこだわりたくなりますが、何かと出費が多い時期ともいえます。そういった時にお得な特典があるのは嬉しいものです。

おすすめの記事