プレミアムウォーター

プレミアムウォーターの良い口コミ・評判・メリット

プレミアムウォーターには安心安全の機能が充実している、これはウォーターサーバーを選ぶときに重視したイブ部分の一つになるのではないでしょうか。サーバー本体の仕様により異なりますが、プレミアムウォーターには飲んだ分だけ収縮させる機能が付いているので、外気の空気が入りにくいため水がなくなるまでの間は衛生的な水を給水してくれる安心感もあります。さらに、小さなお子さんがいる家庭などではお子さんが操作ボタンを押してしまうなどのリスクが高めですが、チャイルドロック機能が付いていることやカバーも付属しているため2重の安全性を確保しているなどのメリットを持ちます。

加熱クリーンシステムも、サーバー本体により仕様が異なりますが、この機能が付いている製品では温水タンクのお湯を冷水タンク側に循環させてタンク内部を熱殺菌させる仕組みを持つため、内部は常に清潔に保てるメリットに繋げています。容量が大きなボトルをセットするときなど、上側からだと重くて辛いなどを感じている人も多いのではないでしょうか。プレミアムウォーターは足元ボトル交換ですから交換するときも楽にできますし、サイズ・寸法はロングタイプとショートタイプの2種類が選べる、インテリアにもマッチするデザインなどの魅力を持つウォーターサーバーです。

プレミアムウォーターの悪い口コミ・評判・デメリット

プレミアムウォーターには水の料金が高く感じる人が多い、ボトルの上側にセットするタイプは交換が大変、注文にはノルマがあるなどのデメリットを感じている人も多いようです。他にも、契約期間中に解約をした場合には解約金が別途必要になるなどのデメリットを感じている人もいるようですが、これらのデメリットは、大半のウォーターサーバーに付きものともいえる事項でもあり、注文ノルマがないメーカーもあるけれどもノルマがない分だけで毎月のレンタルダイヤサポート料金が別途必要になるなど一長一短といえます。ボトルの設置は、1部の機種を除くと上側にセットするタイプになりますので、交換の際に容量が大きなボトルを利用している場合には重量があり苦労されているケースもあるようです。

プレミアムウォーターのお水

プレミアムウォーターは100%天然水、すべてが軟水なので安心して赤ちゃんのミルクに使うことができるなどお特徴があります。採取地は、富士吉田・富士・北アルプス・吉野・朝来・金城・南阿蘇、7か所になっているのもこのウォーターサーバーの特徴の一つといえます。また、採取地により含まれる成分に違いがありますので、好みのものを選べるのも魅力の一つになるのではないでしょうか。お水の料金は、プランに応じて金額が異なるのですが、2年間の契約になる基本プランの場合は、12リットルのボトル2本で4,223円(税込)、3年契約プランのプレミアム3年パックでは12リットルボトル2本で3,974円(税込)、7リットル2本で3,542円(税込)です。配送料は、7リットルタイプは沖縄県を除き全国無料、12リットルでは北海道・青森・秋田・岩手・沖縄などでは1セット220円(税込)、宮古島や石垣島などでは1セット715円(税込)ですが、他の地域は配送料が無料です。

プレミアムウォーターの種類・機種

プレミアムウォーターは水の採取地が多数あるだけでなく、サーバー本体にもいくつかの種類が用意されているのが特徴です。その代表的なもの1つといえるのが、スリムサーバー3です。この製品にはロングタイプとショートタイプの2種類が用意してあり、床の上に設置して利用したい人はロングタイプ、テーブルの上などに設置して使いたい人はショートタイプといった具合に選べるようになっていることや、7リットルボトルにも対応していますので、一人暮らしや家族の人数が少ない人でも便利ではないでしょうか。チュオルはQuoLと呼ぶ製品で、床上型です。冷水と温水、常温の3種類を選択できることやエコモード機能が付いているなどの特徴を持ちます。amadana は、デザイナーズモデルの製品で専用の設置台が付いている製品と床上設置型の2種類から選択可能です。サーバーのレンタル代ですが、スリムサーバー3とamadanaの床上設置型は無料、チュオルとデザイナーズモデルは1,100円のレンタル代が必要です。

プレミアムウォーターの料金

プレミアムウォーターは、サーバーのレンタル代や消費電力などで月額料金が変わります。ここでは、プレミアムウォーターの標準タイプでもあるスリムサーバー3のロングタイプで、その内訳を解説しましょう。スリムサーバー3はサーバーのレンタル代は無料で、1か月間に必要なお金というのは水代と電気代の2つのみです。契約スタイルにより金額が異なりますが、2年間の契約の基本プランの場合は、12リットルボトル2本が4,223円(税込)、これに1か月の電気代が約630円(通常使用時)を加算した金額が毎月運用するために必要な費用です。仮に、12リットルではなく7リットルのボトルを利用した場合には7リットル2本で3,542円(税込)で利用可能です。なお、スリムサーバー3にはエコモード機能が付いていますが、エコモードを利用したときの電気代は約500円になりますので、月額費用を削減できますし年間の差額は大きな金額になるのではないでしょうか。

プレミアムウォーターの注文ノルマ

多くのウォーターサーバー同様、プレミアムウォーターには注文ノルマが設けられています。1ヶ月に指定された本数以上購入しないと手数料がかかってしまいます。
なお、プレミアムウォーターにおいて設定されている注文ノルマは月24Lで、一般的なほかのメーカーのウォーターサーバーと同等の数値になっています。ただ、意外と知られていないプレミアムウォーターの特徴であり魅力として、2ヶ月間59日間は配送を無料で呈することが可能です。つまり、1ヶ月あたり12Lの水を消費することさえできれば特に手数料はかかりません。そのため、一人暮らしの人であっても水の消費が追いつかない。そのような事態に見舞われることなく使うことができます。

プレミアムウォーターの電気代

プレミアムウォーターと一言で言っても契約できるサーバーは全部で6種類用意されています。そして、それぞれに特徴や魅力があり、サーバーレンタル料金が無料のものからデザイン性や機能性に優れたサーバーまで幅広いニーズに応えてくれる商品が用意されている点もプレミアムウォーターの特徴であり魅力です。
それゆえに、その使用時にかかる電気料金もサーバーによって異なりますが、おおよそ1日の電気料金は17円から35円ほどになっています。また、サーバーの中には消費電力をおさえることができるエコモードが用意されている機種もあります。電気代を抑えたい人はエコモードが搭載されている機種を、部屋のインテリアにあったものを選びたい人はデザイン性の高いものを選ぶのが良いでしょう。

プレミアムウォーターの解約方法

解約を希望する場合、まずマイページあるいは公式アプリの「ご契約内容」から解約に申し込む必要があります。申し込んだらサーバーの返却日を決定し、その日に配送事業者へ梱包して引き渡せば完了です。
このように解約方法は簡単ではありますが、その解約にあたっては最低利用期間が設けられている点には注意が必要です。なお、プランによってその期間は異なりますが最低でも2年間は使い続ける必要があります。その契約期間内に解約した場合、契約しているプランや使用しているサーバーによって異なる違約金の支払いが必要です。その際の解約金の額は10,000から2,0000円となっているので、解約にあたっては注意しましょう。
また、サービスの休止は59日までは無料で行える一方で60日以上最大の休止可能期間119日を希望する場合、休止手数料税込み880円の支払いが必要になります。

プレミアムウォーターのキャンペーン

プレミアムウォーターの利用にあたっては、キャンペーンを上手に活用するのがおすすめです。これは、時期によって開催されているキャンペーンの内容や詳細が変わる点には注意が必要ですが、新規契約者を対象に数千円分のプリペイドカードがプレゼントされたり、豪華な家電製品が抽選で当たるキャンペーン、さらには他社ウォーターサーバーから乗り換え時に発生した解約金を最大16,5000円までキャッシュバックしてくれるキャンペーンなどがこれまでに開催された実績があるためです。
そのため、プレミアムウォーターの利用を検討しているという人は、今どんなキャンペーンを開催しているかをしっかり確認した上でその申し込みを行いましょう。

おすすめの記事